×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自殺請負人

 

自 殺 請 負 人

 

『人の幸せって、誰が決めるのかな』

不幸を知らなければ、自分が幸せなのかも分からない……

『死ぬときに笑っていられたら、それが幸せなんじゃないかって、そう思う』

笑顔さえも忘れた人、生きる希望さえも無くした人。

ただ、そんな人達を笑顔にしてあげたい。楽しかった思い出を作りたい。

生きている間の思い出が、悲しいものばかりにならないように……。

だけど、別れを約束された俺に、それが出来るだろうか。

 

■自殺請負人

自殺したい人が、自殺請負人にメールを送り、指定の口座へお金を振り込むことにより契約は成立する。

契約後、自殺請負人が依頼者の元に現れ、一週間、同じ時を共にする。

そして一週間後、依頼者の望みを叶える。

生きたいと望むのなら、その願いを叶え……死にたいと望むのなら、自らの手で殺す。

一週間……短い期間を共にし、生きる望みを持たせること、それこそが自殺請負人の仕事だった……。

 

■キャラクター

                       

【岬 洋介】

この物語の主人公にして、自殺請負人。10歳の誕生日に   母の沙耶を殺し、母の仕事であった自殺請負人を引き継ぐ。

依頼人を精一杯救おうとするが、今まで希望を持たせられ   た人はいない。

クラスメートなどとは必要以上に人と関わろうとはせず、建   前の付き合いが多い。それは必要以上に関わると、別れる   のが辛くなるからという気持ちがあった。

【神崎 優子】

洋介の母である沙耶が助けた唯一の命。

沙耶に助けられて以降、沙耶と洋介の三人で暮らしていた。しかし洋介が沙耶を殺して自殺請負人を引き継いでからは、洋介のことを全力でバックアップする。

洋介の気持ちを理解し、一番に考える。洋介にとって唯一の理解者である。

           

 

                  

 【藤林 翔子】

この話の自殺依頼人。

少年を殺した夜に、翔子は自分を殺してほしいと自殺請負人  に依頼する。

ずっと一人ぼっちだった少女は、いつも不安や恐怖から逃げ  るために笑っていた。それが少女を苦しめていた。

【榊 郁恵】

洋介のクラスメート。

クラスで浮いていた洋介を気にかけているうちに、洋介に好意を寄せるようになった。

明るく人あたりも良い郁恵だが、洋介に自分と同じような ”闇”を感じている。

都市伝説として世間に広まっている自殺請負人の存在を心から信じており、殺人事件の犯人を『自殺請負人の犯行』と、 見事推理してみせ、驚かせる。

           

 

――作品情報――

2006年  元となる作品『自殺請負人』をユアシネマへ投稿

2007. 1.23  ユアシネマで得票数より4位となる

2009年  自殺請負人の物語を練り直し、製作を開始

2010. 8.28  ホームページ公開にともない、作品ホームページ公開

2011年 6月末 自殺請負人完成予定

――STAFF――

シナリオ・スクリプト・ムービー・デバッグ・その他  さっちん

デバッグ  八神

デバッグ  るし

――素材提供――

・きまぐれアフター(http://www5d.biglobe.ne.jp/~gakai/
※立ち絵、背景

 ・びたちー素材館(http://www.vita-chi.net/sozai1.htm
※立ち絵

 ・TAM Music Factory (http://www.tam-music.com/
※BGM

 ・NEO MIDI?MIDI!!(http://lucea.grandioso.info/
※BGM

 ・On-Jin ~音人~(http://www.yen-soft.com/ssse/
※効果音

 ・零式マテリアル(http://www.zero-matter.com/
※効果音

 ・背景素材店(http://shass.sakura.ne.jp/
※背景

 ダウンロード